ゴルフでは「プレショットルーティーン」を意識しよう

ゴルフ練習場で練習する際、本当に本番のラウンドに向けた練習をされている方はどれだけいるでしょうか。

少々厳しい言葉になるかもしれませんが、練習場のティーから出てくるボールをひたすら打ち込むことに専念してはいませんか?

フィジカルトレーニングの如く、スイングの為に体の筋肉を使うトレーニングだと言われれば別ですが、基本的には次のラウンドでより良いスコアを出す為にと練習されるのだと思います。

その練習は、本番のラウンドを意識されたものでしょうか?、実際のラウンドの際に打つ時の精神状態と同じ様に出来ているでしょうか。

よくスポーツの世界では、「練習の為の練習は意味がない」と言われます。大事なことは「本番の為の練習」でなければならないと言うことです。

ゴルフで言うなら、練習場で上手く打つための練習ではなく、本番のラウンドを想定した練習にしなければならいということです。

もっと具体的に言えば、実際のラウンドを思い浮かべながら、更にいつも同じ精神状態で同じ様にスイング出来るイメージトレーニングを積み重ねるのが大切。その上でも、毎回同じ精神状態・構えなどを維持することに役立つのが、「プレショットルーティン」です。

本番のラウンドを想定した練習として、練習場でも意識したいプレショットルーティンとは、

・セットしたボールの後ろに立ち
・狙った方向を見定める
・スイングの大きさを想定して素振りをし
・実際にボールの横にスタンスを取りショットする
・打ち終わった後、狙い通りショット出来たか、修正すべき点は何かを自己分析する
・そして次のボールに挑む

この繰り返しを1つ1つ丁寧に行うことです。「セットしたボールの後ろに立ち」からの流れは、本番でも同様にするのがプレショットルーティンです。このルーティンの動作を固めるのも練習の1つなのだと考えるべきなのです。

平常心を常に保ってラウンド出来る為の動作が、「プリショットルーティン」なのです。

ショット毎に毎回同じ動作を繰り返し毎回同じようにショットする。

それによって、毎回同じように狙ったショットが出来るというイメージを植えつけるのがプレショットルーティン。

そのイメージを頭に植え付ける為に、本番のラウンドを意識して1球1球大事に構え、ショットすることを繰り返すのです。