ゴルフのパターの練習について

パターの練習をするといっても一般的にはラウンド前かゴルフ練習中の人工芝マットというところが基本になってくるでしょうか。

しかし、実際には自宅でも練習できるほうほうがいくつかあります。

私が実際に行っている練習をご紹介したいと思います。

まずは距離感をつかむ練習です。

初心者のころ、パターは下から転がすようにすべし、またその振り幅も転がすように投げる際の強さが基本と教わりました。

今もこれを守り、カーペットで、距離を3つもうけてバックスイングの大きさを感じるように練習しています。

さらにこれが一通り終わったら実際にパターを握って同じように3つの距離を打ち分ける練習を行います。

もちろん、グリーンにくらべると遅いのでかえって感覚が狂うと指摘されることもあるかもしれません。

しかし、こうして距離感を、磨くだけではなくとにかく出だしをいかにまっすぐに引っかかることのないように矯正することも考えると簡単ですがかなり重要です。