ゴルフでプロを名乗る2種類の方法

どんなにゴルフが上手になったとしても、自分でプロゴルファーと名乗るだけでプロになれる訳ではありません。

男性の場合は日本プロゴルフ協会、女性の場合は日本女子ゴルフ協会からプロゴルファーと認定を受けることで、正式にプロと名乗ることが出来るのです。

プロととして認定を受ける方法は大きく分けて2種類があり、1つ目は年齢基準を満たしたアマチュア選手がツアートーナメントに参加して優勝することです。優勝したアマチュア選手はプロになると宣言することでプロゴルフ協会からツアープロとして認められます。

そして2つ目はプロテストに合格するという方法です。男性は16歳以上ならば誰でも試験を受けることが可能となっていて、アマチュア大会での成績優秀者などは実力に応じて4段階ある試験の一部が免除され、最終的には上位50位までの選手がプロと認められています。

また、女性は試験を受ける年の4月1日時点で18歳以上であることと、女子プロゴルフ協会に5年以上所属している会員2名の推薦を受けることが試験を受ける為の条件となっています。そして、アマチュア大会での成績優秀者などは実力に応じて3段階ある試験の一部が免除され、最終的には上位20位までの選手がプロと認められています。

このようにしてプロテストを受験することでプロと認定されますが、ツアートーナメントに出場するには毎年実施されている「クオリファイングトーナメント」に合格する必要があります。