ゴルフ場で守らなければいけないマナー

ゴルフには服装や行動など、守らなければいけないマナーがいくつかあります。

それについて紹介していきます。

まずは服装です。基本的な服装は、襟付きのシャツ、長いパンツ、ゴルフ用シューズです。

場所によっては帽子やサンバイザーの着用が義務付けられているところもあるので、持参したほうが良いです。

ゴルフにふさわしくない服装は、Tシャツやタンクトップ、ジーンズ、芝を傷つける靴(野球スパイクなどの金属のポイントがあるもの)などです。

ゴルフは紳士のスポーツと言われているので、ラフすぎる格好はNGです。

次は実際にプレーするときのマナーです。

ゴルフ場の周りには自然がいっぱいに広がっています。木の枝を折ったり、土を掘り返したりといった、自然を傷つける行為は禁止です。

もちろん指定された場所以外で喫煙してはいけません。

グリーン上ではパター以外のクラブを使ってはいけません。

また、走ったり、他人のラインに入ったりするのは禁止です。

今回紹介したのはいくつかあるマナーの一部です。ルールを守ってゴルフを楽しみましょう。