ゴルフのビジネスの可能性について

ゴルフのビジネスも決して練習場、コース、またはゴルフクラブや用品だけではなく、新たな領域にまだまだ展開が必要になっていくと思います。

団塊世代がゴルフを卒業するとともに人口が減っていくからです。若い世代をまずはゴルフにいざなうことが必要です。それも単に次世代育成という名目だけではなく、ビジネスとしても両立させていければ最高のプランになります。個人的にはまだまだ可能性はあると思います。これからのバーチャルリアリティの時代では、家庭用のゲームでもゴルフクラブを握って、実際のラウンドをこなすことも可能になってくると思います。

この架空の世界で満足できなくなった子供たちが実際のラウンドに出てきてくれれば、非常に有効ではないでしょうか。また、家庭用で利用するクラブも実際のラウンドで利用するものであれば、なおさらビジネスとしての幅も広がります。また、ゴルフ場の利用者を歓送迎するサービスも同じくです。

親がいなくとも子供を歓送迎付きでプレイすることを推奨すれば非常にゴルファーも寄ろ来い、人口も増えていきます。