ゴルフの風速の影響について

ゴルフの日は晴れていて風も穏やかで、最高のゴルフ日和ですが、日本では四季もあって、3日に1回は雨という確率です。

どうしても天気との戦いになるのですが、雨が降っていればその雨に影響受けるし、止んでも地面が濡れていればそれによっても転がりが変わってくるし、湿度によってもまた変わってきます。その中で、風といっても強さも様々ですが、風速5m程度だと、250ヤード飛ばす人だとアゲンストで13ヤード、フォローで9ヤード影響があると言われます。アイアンショットでは高さやスピン量によっても大きく変わってきますが、アゲンストで10ヤード、フォローで7ヤード影響を受けます。アゲンストの場合は、1番簡単なのは番手を上げて打つことです。

フォローの場合、長い番手ほど思ったより飛んでしまい、短い番手はそれほど影響を受けませんが、グリーンが硬かったり速かったりする場合は、グリーンエッジに落とすつもりで距離を合わせると良いです。