ゴルフの打法あれこれ

インサイドイン打法ではアームシャフト角をアドレス時と変えないでインパクトすることがコンセプトですが、スクエア打法ではわざと角度を伸ばします。

これはコックをインパクト時にアンコックすることで長く低いインパクトを作り、ヘッドの上下によってスピンが沢山掛かるからです。

これらのどちらもそれなりの理由があってのことですので、どちらも世界の主流となっていますので、好みで選ぶことが正解だと思います。

ただ、最初からアームシャフト角を伸ばしたまま振ると、コックの飛距離やアンコックによるスピン量を無駄にしていることになり、確かにその打法はマイナーですが存在し、宣伝しているグループもありますが、世界のトッププロでは現在はほとんど見かけません。

飛距離を犠牲にするか、方向を犠牲にするかの究極の選択となるのですが短いクラブほどインサイドインで振り、長いほどスクエアになるようにハンドアップ気味に構えると飛距離も方向もあまり犠牲にせずにスイングできるという理論もあり、今後の世界の進化の方向性がこの辺なのかも知れません。

ただ、アームシャフト角をどの番手もほぼ同じ角度でグリップするというオーソドックスなスイング理論と真っ向からぶつかるので、論争が絶えない分野なため、結論が出るにはまだ時間が掛かりそうです。