ゴルフでウエッジ等でボールを右側に置く意味

ロフトのあるクラブはシャフトが短くてロフトが小さくなるとシャフトが長くなりますよね。

ロフトだけで飛距離の差が出るならシャフトの長さは同じでもいいはずですよね。

ところが、ロフトが大きいほどシャフトが短くないと打ちにくくなります。

SWのヘッドをドライバーのシャフトに据え付けたらどうなるかと言えば、左に飛んでいきます。

ロフトがあると捕まりすぎるって事です。

右足よりにボールを置くと、回転軸の関係をみるとオープンスタンスに構えたことと同じになり、捕まりすぎる状態をちょうどいい状態にするわけです。

また、短いシャフトほど後ろから見たら縦振りになり、スィングプレーンが縦になるため、再下点とボールの接触点の差が大きくなるので、その差の分だけ右になります。

逆にフラットなプレーンになるほど、再下点と接触点での高さの差が無くなるので左足の軸に近づきます。

スィングプレーンを三面図で作図してみると明白になると思いますよ。